送別会
まだ離職まで1ヶ月もあるのに、フライング気味で送別会を開いて頂いた。
自分の送別会ってどんな顔で参加するのが適当なんだろうか…
今ではすっかり丸くなり、今年の上半期、東日本でも5本の指に入るくらい「恐縮です」と口にした俺だが
多少トンガっていた時代もあり、同期の奴から


「君の送別会なんだけどさ」
と誘われたのに

「アンタ俺のことあんまり好きじゃないでしょ?俺もそうなの。だから送別会なんていらないから」
と断った事がある。


今思うと、ぶん殴ってやりたいくらい生意気だと思うがそれが若さ。若さだよ山ちゃん!!



…なんだけ。
そうそう、有難い事に送別なんて開いて頂いて嬉しく思っている。
まぁ送別会と言っても中身は普通の飲み会なんだけど、予想通りと言うか最後にご挨拶するように言われた。


「ジベルばら色粃糠疹みたいに綺麗なお花をありがとうございました。ヘルパンギーナと言った感じで頑張ります」と挨拶したら、みんなの目が(??)こんな感じになってたけど気にしない。


男は言葉じゃない、行動だ。
という訳なので、俺の鉄板(すべり知らず)物まねをすることにした。




a0100173_23142398.gif



「ういぃぃぃぃぃん」
これのマネ。
本当はパーカーのフードを頭からすっぽり被ってやるのが正しいが、夏場なので諦めた。


え?結果?
もちろん、どっかんどっかんだったわ。


…半分くらいがな。
立ち上がってやったものだから、他の関係ないテーブルからも注目を集めてしまい
うちの職場で半数、他の卓は7割がドン引きしていた…。



気にしないって決めたんだ…



まぁ、センチなのは苦手だってことだバカ。
[PR]
by hawk_yamada | 2010-07-28 23:18 | その他